ペルー特派員情報

キウイチャの町 サン・サルバドルのフェリアに行ってきました

こんにちは、堂園です。レポートを見て頂きありがとうございます。

先日クスコ州のカルカ郡サン・サルバドル町で開催されたフェリア(定期市、お祭り)に行ってきました。

先輩隊員のレポートでも何度か登場したこの町はキウイチャ(アマランサス)が特産品で、現在は私の同期隊員が町役場で活動しています。

「サン・サルバドル、キウイチャの豊かな故郷へようこそ」

遠方からも出展者がやってくる規模の大きいフェリアで、グランド一面に食料品、日用品、衣料品、雑貨など様々なジャンルのお店やスタンドが並んでいました。

今まで他のフェリアにも行きましたが、初めて見るものも多く、薬草系のお店ではヒトデやアルマジロも・・・。興味深々でした。

 

さて、サン・サルバドル町はキウイチャが特産品ということで、チチャ・デ・キウイチャのスタンドがたくさん並んでいました。

(白色がチチャ・デ・キウイチャ、赤いのはそのイチゴ味です)

ペルーの伝統的な飲み物「チチャ・モラーダ」という紫とうもろこしの発酵飲料がありますが、これはそのキウイチャ版です。

発酵飲料なのでやや酸味がありますが、砂糖やシナモンで味付けされており飲みやすく、昼間の直射日光で疲れていた体にぴったりでした。

また、一緒にキウイチャの粉も販売されていたので、500gをお土産に買って帰りました(5ソル。約170円)。

このキウイチャの粉末ですが本当に使い勝手がよく、温かい牛乳やコーヒーに溶かしたり、ヨーグルトやシリアルに混ぜたりして気軽に食べています。そのまま食べても美味しいです。

調べたところ、キウイチャの粉は小麦粉の代用として、ケーキやクッキーなどお菓子の材料に使われることが多いようです。

グルテンフリーで、なおかつ栄養がたくさんとれるので、アレルギーをお持ちのお子さんにはぴったりかもしれません。

私は粉末は日本では見たことがなかったのですが、確認したところ通販サイトでも入手可能のようですので、興味がある方はぜひ試してみて下さい!