ペルー特派員情報

ペルーで活動するJICA海外青年協力隊員のご紹介です

 

本日4月3日は『ペルー日本友好の日』です。ちょうどこれに因んで、日本キヌア協会の新企画の一つ「ペルー特派員便り」を始めます。

現在ペルーに派遣されているJICA青年海外協力隊から、とっておきのキヌア情報や最近日本でも注目されてきたアマランサス情報(ペルーではキウイチャと呼ばれ、キヌアと同じヒユ科作物)をお伝えします。

第一回目はお二人の自己紹介です。

2016年4月3日

青年海外協力隊 (職種:家政・生活改善)でペルーで活動中の井上希恵(写真左)と申します。
私はクスコ州カルカ郡カルカ町という、クスコ市からバスで約1時間程離れた町で活動しています。カルカ町はキヌア農家が多く、少し歩けばキヌア畑にすぐ辿り着くことができる、とてものどかで素敵な町です!
これから現地のキヌア・キウイチャ(アマランサス)情報をたくさんお届けしていきます!!お楽しみに。

はじめまして!
青年海外協力隊(職種:コミュニティ開発)でペルーで活動している芦田華(写真右) と申します。
マチュピチュで有名なクスコ州にある小さな町、サンサルバドルの市役所で活動しています。サンサルバドルではキウイチャの生産に力を入れています。
これから現地ならではのキウイチャ情報を発信していきたいと思いますのでお楽しみに!!